一般人にも広がるクレジットカード被害

スタッフが実際に体験した話です。

ドラッグストアでクレジットカードがエラーになり、
口座残高を確認するも問題なし。

翌日、カード会社に問い合わせると
「不正利用の疑いがあるので停止しました。」
との事。

具体的には、
「〇月〇日、USJでお買い物されましたか?」
と聞かれたそうです。

東北地方に住むそのスタッフが平日に
大阪のUSJなどに行くわけもなく・・・

結局、カードを作り直す
(カード番号を変える)
という対処になったそうです。

不正利用された理由ですが、
やはりネット上あるいは端末に残った情報が
なんらかの形で流れているのは間違いないでしょう。

ユーザーの皆様におかれましては、

・パスワードの定期的な変更
・パスワードを使いまわさない
・究極は毎年カードを変える

以上のように自己防衛をして頂ければと存じます。

 

 

関連記事一覧